読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今年の夏休みは特典航空券でハワイへ・・・

takeです。JAL特典航空券がらみで、久々のブログ更新です。

昨年のJGC修行でフライトマイルが4万5千ほど溜まり、年末時点で合計16万マイルを超えました。 take1.hatenablog.com

JAL特典航空券のホノルル線ビジネスクラスが8万マイルなので、夫婦二人分がとれます。

このマイルがあるうちにダメ元で、夏休みのハワイ行きビジネスクラスの特典航空券を予約してみることにしました。

f:id:take1s:20170217215107j:plain これ、昨年撮ってきた写真です、、、

ハワイ行き特典航空券

大阪出発のホノルル往復を目指します。

ホノルル往復特典航空券の必要マイル数

クラスマイル
Y40,000
PY60,000
C80,000

11月27日、まずはPYで空席待ち

11月のSINタッチ3回目を終えて保有マイルが15万マイルとなりました。

take1.hatenablog.com

そして、11月26日に特典航空券の空席を検索すると復路のビジネスクラスに空席1ありました。

f:id:take1s:20170212233717p:plain

しかし、この時点ではビジネスクラス往復2人分の16万マイルはないため、この先のメニューに進めません。

とりあえず、クラスを問わず座席確保を最優先に考え、まずは保有マイルが足りているプレミアムエコノミーで予約しました。但し、PYクラスには空席はないので空席待ちです。

f:id:take1s:20170212233731p:plain

空席待ちの期限は「国際線第一区間出発82日前」で5月初めとなり、この期限までに往復確保できなければ自動的に取り消されます。これ以降は期限が「予約後7日間」となり1週間毎に空席待ちをし直す必要があります。
JALマイレージバンク - JAL国際線特典航空券:予約お申し込み

12月5日、空席待ちの人数を確認

国際線予約センターに空席待ち人数を問い合わせてみたところ、次のような状況でした。

  • PY・・・往路、復路とも7名待ち(うちの2名含む)
  • C・・・往路7名、復路5名待ち(復路は空席1あり)

この時点でCクラスの復路5名待ちでしたが、11月26日にあったCクラスの空席1はまだ残ってました。

ということは、復路のCクラスを空席待ちの5名は、2名と3名の2組でしょうか、さすがに5名1組はなさそうです。

JGC修行の途中でJMBクリスタルになってたので、JMBステイタス会員用の空席か、、、よくわかりませんが空席が1つ残っているのは確かでした。

この時点ではCクラス2名分の16万マイルはないため、Cクラス復路の空席は取れず、とりあえず見送りました。

12月11日、予約を分割

前回から1週間も経ってませんが、またまた空席待ち人数を問い合わせてみました。状況は変わらず、復路のCクラスも空席1が残ってました。

  • PY・・・往路、復路とも7名待ち(うちの2名含む)
  • C・・・往路7名、復路5名待ち(復路は空席1あり)

2名の予約で空席待ちしている場合、2名分の空席がないと座席が確保できません。少しでも座席確保の可能性を上げるため、予約を分割して1名ずつの空席待ちに変更しました。

ちなみに、こういう変更は電話でないとできません。また、一度電話で変更してもらうと発券する時に手数料(2,160円)が必要になります。とはいえ、数千円をケチって特典航空券が取れなければ意味が無いので、手数料でもなんでも払うつもりで挑みます。

12月13日、復路のCクラスに2名分の空席あり

12月12日の夜、特典航空券の空席検索してみると復路Cが空席2に増えてることに気づきました。

更によく考えたら、片道だけCクラスにすると7万マイル、2名分が14万マイルとなります。片道だけなら保有マイルが足りていることに気づき、復路だけCクラスに変更することにします。

これも電話でないとできない変更ですが、気づいたのが19時を過ぎていたので電話で変更できず、、、空席が残っていることを祈りながら翌日に持ち越しました。

翌日も空席2が残っていることを確認してから予約センターに電話して、復路のCクラス2名分を確保できました。復路の『空席待ち』表示が消えて座席が確保できた状態です。

f:id:take1s:20170212235213p:plain

ただし、往路がまだ空席待ちなので期限(5月2日)は変わらず、期限を過ぎると確保できた復路も一緒にキャンセルされます。そのため、期限まで空席待ちをして、往路が取れなければ復路だけ発券して、改めて往路だけを空席待ちにすることにします。(この作戦は予約センターの担当さんのご提案でした)

1月5日、空席待ちの人数を確認

復路は確保できているので、今回は往路の空席待ちだけ確認しました。

  • PY・・・往路7名待ち(うちの2名含む)
  • C・・・往路10名待ち(復路は確保済み)

往路のCクラスの空席待ちが増えてました。

当初はマイル不足のため往路はPYクラスで空席待ちをしていました。その後、JGC修業を終えて16万マイルを超えましたが、ここでCクラスの空席待ちに並び直すと最悪11番目になるのでこのままPYクラスで空席待ちしました。

1月27日、ホノルル線が増便されて空席が増える

2017年1月19日のプレスリリースで『JALグループ、2017年度 路線便数計画を決定』が発表されてました。 press.jal.co.jp

ホノルル線では、4月以降は羽田発がなくなり成田発に変更され、更に成田発と関西発が増便されるそうで、うちの夏休み期間に関係するところではこんな感じでした。

  • 成田-ホノルル:2017/4/26~9/14、週28便→35便
  • 関西-ホノルル:2017/7/13~8/26、週7便→14便

この時点で特典航空券の空席を見てませんでしたが、1月27日に特典航空券の空席を検索してみると、発表通りホノルル便が増便されてました。が、関西発は既に空席なし。完全に出遅れてしまいました。

で、往路の乗り継ぎも検索してみると、成田発で空席ありました。

  • JL786 成田発 20:00 SKY SUITE II ・・・空席1
  • JL780 成田発 20:45 JALシェルフラットシート ・・・空席○

f:id:take1s:20170213001313p:plain

JL780は旧機材のシェルフラットなので、せっかくならフルフラットのSKY SUITE IIに乗りたい。ということで、往路は関空発PYクラス空席待ちから成田発Cクラスに変更することにしました。

まずはツマの分としてJL786の空席1を確保し、私の分は同じ便で空席待ちします。

空席待ち期限の5月までに取れない、もしくは旧機材の成田発JL780の空席が無くなりそうになったあたりで、フルフラットを諦めてJL780で座席を確保しようという作戦です。(これも予約センターの担当さんのご提案です)

昨年のJGC修行でCクラスへのインボラでフルフラットのCクラスは体験済みだったので、空席が回ってこなければ今回はフルフラットのJL786はツマに譲って、私だけJL780で我慢するのもありかと、、、到着が1時間も違わないので現地で合流とか、、、

これも、電話での変更です。往復の発券手数料2160円をクレジットカードで支払い、まずは1名分の往復特典航空券を確保できました。

この時点でJL786の空席待ちは1番目でした。ちなみに、通常航空券では空席待ちが5名いるとのことで、この便に限ってか、特典航空券のほうが座席に余裕があるという状況でした。

1月29日、空席待ちが・・・

JL786の空席待ちから2日後の昼過ぎにJALの予約センターから電話があり、座席が取れたとのこと。こちら手数料を支払って往復が確保できました。

空席待ち期限の5月までは毎日空席検索するつもりでしたが、、、

こんなに早く空席待ちが回ってくるとは、、、JALさんありがとう。

ハワイ行き特典航空券を確保!!

ということで、往復で経路違いとなりましたが、無事、夏休みのハワイ行きCクラス往復の特典航空券が2名分確保できました。

  • 往路:伊丹-羽田、成田-ホノルル
  • 復路:ホノルル-関西

f:id:take1s:20170219001847p:plain

当初、ダメ元で挑んだ『夏休みハワイ行きCクラス特典航空券』、思ったより早く取れたのはJGC修行の成果でしょうか、、、

まだ半年ほど先ですが、夏休みが待ち遠しい、、、