読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10月から始めたJGC修行の振り返り-1回目

JGC

f:id:take1s:20161224195410j:plain

takeです。ようやく1回目のSINタッチです。

荷物は必要最小限で、着替えなどが入ったリュックと、市内観光用のショルダーバッグのみです。

普段の旅行ではミラーレスを持っていきますが、今回は写真はスマホで撮ることにしました。

で、スマホの写真を見返すと、シンガポール観光の写真はそこそこあるものの、『空たび』ブログとしての飛行機やら空港とかの写真をあまり撮ってないことに気づきました。orz

1回目の旅程

日付 便 FOP
2016/10/22 JL3006 ITM 14:40 NRT 16:00 960
2016/10/22 JL711 NRT 18:00 SIN 00:35 2,884
2016/10/24 JL038 SIN 01:50 HND 09:50 2,884
2016/10/24 JL115 HND 11:30 ITM 12:35 960

往路

京都駅からリムジンバスで伊丹へ移動、国内線カウンターでチェックイン。

ITM-NRTはJL3006便で、19番ゲートから搭乗。

そして成田に到着。隣にドラえもんジェットがいました。写真がないですが、後部ドアに『どこでもドア』が搭載されてますね。 f:id:take1s:20161229181031j:plain

第2ターミナルの国際線チェックインカウンターでチェックイン、発券してもらいます。 4FのIASSラウンジに入り、柿ピーとジュースをいただき、しばし休憩。 カードラウンジはだいたい混雑してますので、早くサクラに入れる大人になりたいと、、、

手荷物検査と出国審査を通り、制限エリアへ移動。

NRT-SINはJL711便で、94番ゲートから搭乗です。サテライトの先の方なので、だいぶ歩きました。

空たびのお楽しみ、機内食です。 この時、なぜか体調が悪く、少し手を付けましたが気持ち悪くなり半分以上残して終了。 あと3回、同じ便に乗るので、まぁ良いかと、、、(やせ我慢) f:id:take1s:20161229183035j:plain

そして、初のシンガポール到着。

宿泊

到着したターミナル1のトランジットホテルの表示を辿り、エスカレーターを上った正面に『Aerotel Transit Hotel, Terminal 1』があります。

今回泊まる部屋はツイン(シャワー付き、6時間)ですが、はじめに予約したシングル(共同シャワー、6時間)がキャンセルできずに残ったままでチェックインに挑みました。 すると、『予約が2つあるので、合わせて12時間にしてあげる』と説明されたっぽい。

部屋はこんな感じで、窓はありません。
ベッドサイドにはBFタイプのコンセントとUSBタイプA端子があり、スマホ1個だとUSBケーブルだけで十分です。
私は、スマホタブレット、モバイルバッテリーの3つ持ちなのでUSB充電器(AUKEYの6個口)を使用。念のためBFタイプの変換器を持っていきましたが、BFタイプの下の部分に日本のプラグがそのまま入り、100-240V対応のUSB充電器なので変換器は不要でした。 ちなみに、帰りのラウンジも同じようなコンセントばかりで、今回のSINタッチではBFタイプの変換器は使うことはありませんでした。 f:id:take1s:20161229183321j:plainf:id:take1s:20161229183348j:plain

12時間にしてもらったのですが、現地滞在が24時間ほどなので、窓のないホテルでくつろいでも時間がもったいないので、さっさと寝て当初の6時間で早々にチェックアウト。

イミグレを通過して、シンガポールに初入国。 ここの入国審査場は上のフロア(到着ロビー側)からだと丸見えなので撮れました。 エスカレーターで降りたところで撮ると警備員に怒られます(別日に怒られました)のでご注意を。 f:id:take1s:20161229185959j:plain

入国書類の滞在先は、入国当日の夜に出国するので空欄でOKです。 『今日帰るのか』と聞かれただけで、すんなり通れました。 我々のようなSINタッチの修行僧が多いのでしょうか、審査官は普通の対応でした。

シンガポール観光

観光はMRTと徒歩で移動します。

バスのほうが行きたいところの近くまで行けそうですが、路線と支払いがややこしそうなので見送り。 結局、この後の残り3回も含めてバスは使わず、MRT+徒歩のみでした。

MRTの路線図です。Singapore Govermentのページなので最新版のはず。
(3回目の前に路線図を探してこちらを見つけました。) Train System Map | MRT & LRT Trains | Public Transport | Land Transport Authority

現地SIM

MRTで移動する前に、空港の制限エリアから出てすぐの両替所でSingtelのプリペイドSIMを購入します。

5日間、4GBまでが15SGDです。miniとnanoの切込みがあるので、サイズ違いのデバイスに入れ替えなければ変換アダプタは不要です。 f:id:take1s:20161229190423j:plain

今回は二人が一緒に行動するので、Nexus 7にこのSIMを入れてテザリング用のAPとして使用することにします。二人でも日帰りで4Gは使いきれませんが。

次回以降のSINタッチ3回分も先に買っておこうと思い、4枚くれというと、ひとり2枚までと制限されました。 『スマホタブレットで、2枚までしか売らないよ。』という感じでしょうか。 幸い、ツマと二人旅だったので、二人で2枚ずつということで、4枚購入できました。 ちなみに、購入にはパスポート提示が必要でした。

これで、次回からは到着前の機内でSIM入れ替え、到着後すぐに通信できるようになります。

ベイエリア

MRTでチャンギ空港(CG2)からラッフルズプレイス(EW14)へ。

川沿いを歩き、『マーライオンパーク』で背中合わせのマーライオンの親子と初対面。 f:id:take1s:20161229190901j:plain

いたるところで、口や手で受けるおなじみの写真を皆さん撮ってました。 f:id:take1s:20161229191046j:plain

そこから反対側の『マリーナベイサンズ』まで歩き、ショッピングセンターから地下通路を通って『ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ』へ。園内は無料で散歩できます。スーパーツリーを空中で結ぶ『スカイウェイ』は有料(6SGD)でした。 f:id:take1s:20161229191124j:plainf:id:take1s:20161229191148j:plain

チャイナタウン

MRTでベイフロント(DT16)からチャイナタウン(DT19)へ。

チャイナタウン駅前の通り。 お土産用のTシャツを購入。4枚12SGDだったかで1枚あたり240円くらい。生地はペラペラでしたが、お値段相応かと。 f:id:take1s:20161229192738j:plain

マクスウェルフードセンターまで歩き、『天天海南鶏飯』のチキンライスで昼ごはん。 f:id:take1s:20161229192808j:plain

再びベイエリア

マリーナベイサンズのショウ『ワンダフル』20時の回に備え、対岸のマーライオンパークに移動。早めに展望スペース先頭の柵を陣取り待機。10月末の夜なのに、立ってるだけで汗が流れ落ちます。 f:id:take1s:20161229225146j:plain

20時から約13分間、最後まで見て退散。対岸から見る場合はレーザーが出る後半がおすすめでした。 f:id:take1s:20161229195029j:plain

ここで、1回目のシンガポール観光が終了しました。

MRTでラッフルズプレイス(EW14)からチャンギ空港(CG2)へ戻ります。

復路

5番レーンの後方、アーリーチェックインカウンター(Early Check-in Lounge)で早めのチェックイン。 今回は他に待っている人がおらず、カウンターですぐに手続きしてもらえました。

本来は入り口のiPadで整理券をとり、呼び出しを待つ形式だそうです。 3回目のときにカウンターのお姉さんに、整理券を取れと怒られました。

そして、出発までプライオリティ・パスで入れる『SATS Premier Lounge』と『dnata Lounge』で過ごします。 f:id:take1s:20161229201310j:plainf:id:take1s:20161229201332j:plain

まずSATSへツマと二人で一旦入り、私はシャワーでさっぱりして少し休憩。ツマがお土産を買いに行くので一旦別れ、その後、dnataへ移動後にツマと合流。

ラウンジの中の写真を撮ってませんでしたが、室内はSATSは明るめ、dnataは暗めの照明で、dnataのほうが空いていて落ち着けました。

『プライオリティ・パス』でラウンジのシャワーを使えるのが非常にありがたい。空たびの必須アイテムです。

SIN-HNDはJL38便です。 午前1:50の深夜出発なので、機内食は着陸前の朝食です。『スープストックトーキョー』のコラボで、パンプキンスープでした。 f:id:take1s:20161229202155j:plain

羽田の国際線ターミナルに到着。 f:id:take1s:20161229233401j:plain

羽田の乗り継ぎは初めてなので、流れに任せて長い通路をひたすら歩いて、国内線乗継カウンターに到着。 ここからツマとは別行動で、伊丹へは一人で帰ります。
乗り継ぎカウンターの後ろからバスが出てるのでどうぞと勧められ、よくわからないまま手荷物検査を通ってバスで国内線第1ターミナルへ移動します。

バスはそのまま制限エリア内を走り、第1ターミナルの制限エリア内に到着。

羽田空港ビッグバードとやらを散策しようとしてたのができず、そもそも乗り継ぎ時間があまりないので、カードラウンジ『AIRPORT LOUNGE NORTH』でちょっとだけ休憩。 f:id:take1s:20161229233753j:plain

HND-ITMはJL115便で、13番ゲートから搭乗です。

離陸後少し経つと、雲の上に富士山が見えました。このときは10月なので、雪はついてません。 f:id:take1s:20161229234454j:plain

そして伊丹に到着し、無事1回目が終了です。

獲得FOP、マイル

伊丹から昼過ぎの出発で時間に余裕があり、今回はツマとの二人旅だったので食事とかのお店はお任せして、初シンガポールも気楽に楽しめました。

FOP マイル
1 7,688 8,152