読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10月から始めたJGC修行の振り返り-1回目 …の前に

JGC

JGC修行の1回目ですが、その前に、、、

一人旅から、二人旅へ、、、

フライトの予約を確定し、ホテルも予約した直後に、『ツマも一緒にシンガポールに行こうかな』と言い出しました。

それなら、沖縄経由しないので無駄なコストがかからない、1回目のITM-SINタッチに同行することになりました。また、初めてのシンガポールなので、一人ぼっちよりも何かと心強いのも理由です。

別予約となりましたが往復とも隣の席が空席だったので並び席で確保できました。

ホテルの変更

ホテルは共用シャワーのシングルをExpediaで予約済みでしたが、二人になったのでシャワー付きのツインを予約することにしました。

Expediaでは予約はキャンセルできないようなので予約がダブった状態です。

チェックインする時にややこしくならないか、少し心配でしたが、できないものは仕方ないのでそのままにしておきました。

プライオリティ・パス

帰りの空港では早めにチェックインして、プライオリティ・パスでラウンジに入り、シャワーと休憩をするつもりでした。

シンガポール(チャンギ)国際空港/出入国手続き(空港情報) - JAL国際線
搭乗手続き
各便出発時刻の 12時間前~3時間前
アーリーチェックインカウンター(Early Check-in Lounge)でチェックインしていただくことが可能です。
場所 Early Check-in Lounge
↑チェックインカウンター5列目の後方にあり、エコノミークラスはこちらで手続きできます。

www.prioritypass.com

同伴者としてラウンジに入ることはできますが有料(27USD)になるため、ツマの分もプライオリティ・パスを調達する必要が出てきました。

幸か不幸か、雨金祭りに参加しようとAMEXゴールドカードを作ってましたが、活動する前に祭りが打ち切りとなったため、1枚まで無料の家族カードだけ作って1年後の解約まで寝かすつもりでした。

AMEXゴールドは家族カードでも本会員と同様にプライオリティ・パスも発行できるので、出発までの約1ヶ月で申し込みして、なんとか1回目の出発に間に合いました。

ということで、ようやく次回から1回目の開始です。

10月から始めたJGC修行の振り返り-準備編

JGC

はじめまして。takeです。

今年始めたJGCへの入り口のJMBサファイア獲得までの道のりを振り返ろうと思います。
関西在住なので、出発地は大阪となります。


航空会社の上級会員資格を維持するために飛行機に乗りまくる人たちの『修行』のことは小耳に挟んでましたが、年1回のペースで夏休みとかに国内・海外旅行で飛行機を利用する程度で、たまにしか乗らない自分には関係ないと思ってました。

ネットを見ているうちに、1年間だけ『修行』して資格を取れば、あとは年会費で維持できることを知り、それなら自分も『修行』できそうと思い始め、、、

もともと、JALマイレージをコツコツ貯めてたこともあって、目指すならJGCがよいかなと、、、

そして、JALの『FLY ON ポイントプレゼントキャンペーン』と『JALカード会員限定 初回搭乗』の2大優遇が2017年も継続されるかが9月時点では不透明で、もし継続されなかったらJGC修行が厳しくなりそうなので、善は急げ、、、

ということで、2016年9月にJGC修行を始めてみようと思い立ちました。


ちなみに、2大優遇制度は2017年も継続されることが修行中に発表されました。

JALマイレージバンク - FLY ON ポイントプレゼントキャンペーン
JALマイレージバンク - JALカード会員限定 初回搭乗 FLY ON ポイントボーナスキャンペーン


先輩方のブログなどを参考に、

  • 10月スタートとして年末までの3ヶ月間で達成できること。
  • 1日くらいの有休は好きにとれるので、土日を絡めた3連休でいけるところ。
  • 休日を毎週べったりは使えないので、回数は少なめ。
  • 費用はなるべく安く。

で、安直に土日+1日の3連休での『OKA-SINタッチ』に決定しました。

初回搭乗ボーナスの5,000FOPを除いた45,000FOPが目標となります。


まず、出発地が大阪なのでOKA-SINの前後に大阪-沖縄(OSA-OKA)の往復を加えると、1回あたり13,016FOPとなります。FOP単価はOKA-SINはおよそ7円前後ですが、OSA-OKAが先得だとおよそ15円にもなり、合わせると約8.2円になります。

経路 FOP
OSA-OKA(先得クラスJ) 1,256
OKA-SIN(往復) 10,504
OKA-OSA(先得クラスJ) 1,256
合計 13,016(@8.2円)

これを、3回(13,016×3=39,048)では6,000FOP足らず、4回(13,016×4=52,064)だと7,000FOPもオーバーするのでもったいない。

沖縄に寄らずに大阪-シンガポールだと、1回あたり7,688FOPとなります。ダイナミックセイバー(往復タイプE)で55,000円+諸費用でFOP単価は約8.0円。

経路 FOP
OSA-TYO 960(280マイル×100%×FOP2倍+FOPボーナス400)
TYO-SIN 2,884(3,312マイル×50%×FOP1.5倍+FOPボーナス400)
SIN-TYO 2,884(同上)
TYO-OSA 960(同上)
合計 7,688(@8.0円)


1回分は沖縄を経由せずに大阪-シンガポール(OSA-SIN)にすることにして、
9月末にSINタッチ4回分を予約し、一気に購入しました。

経路 FOP
1回目 10月22日 ITM-SIN(伊丹-成田-シンガポール-羽田-伊丹) 7,688
2回目 11月5日 KIX-OKA-SIN(関西-那覇-成田-シンガポール-羽田-那覇-関西) 13,016
3回目 11月19日 KIX-OKA-SIN(同上) 13,016
4回目 12月17日 KIX-OKA-SIN(同上) 13,016
合計 46,736


SINタッチでの宿泊はトランジットホテルが定番っぽいので、4回ともJALが到着するターミナル1の『Aerotel Transit Hotel, Terminal 1』を利用することにしました。
現地滞在が約24時間と限られているし、シャワーが使えてベッドで寝られれば良しとし、とにかく安いところが決定理由です。
シングル(共同シャワー・トイレ、6時間)で4000円程度。


もう後戻りできません。今年中にやりきるしかなくなりました。